スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーコの退屈な日

きょうもリスボンの酒場でおるすばんです。


20050529114517.jpg
ソーコにはちょっと背がたりません。


20050529114527.jpg
ソーコ「おじさんいつもいるねー。ほんとに仕事してるの?」
陶板職人「明日から始めるんだよ。あしたこそね」
スポンサーサイト

歴代商船の記録10

10号艦「ティテス」

showyou-carac2.jpg


艦種:商用キャラック(装甲強化型)
艤装日:4月28日
退役日:現役

老朽化した武装商船「イルカンジ」と入れ替わる形で新造された商船改装駆逐艦。

優秀な汎用商船であった商用キャラックの基礎設計はそのままに、弱点であった防御力を補うため構造材がより頑健なものに見直され、さらに船体外殻に銅板装甲が追加された。搭載砲もこれまでのラピッドファイア28門からカロネード砲36門へと大幅増強、軍用艦としての性格を強めた。

このため、本船は通常の交易航路ではなく、私掠海賊の襲撃が予想される海域や討伐作戦任務に限定して運用される。
船名「ティテス」は人魚姫の名から。発注先のレイジィ造船匠では船名に女性名をつける慣習があり、「少女であり魚でもある」船名として人魚姫の名が贈られる。
ただ先代を知る古参船員は本船を頑なに「イルカンジ」と呼んで譲らず、船長を除く全乗組員にそれが広まった。

歴代商船の記録9

9号艦「モラ・モラ」

nao10.jpg


艦種:ナオ
艤装日:4月15日
退役日:現役

はじめて外部の造船匠へ外注された船。
その後2度の改装によって砲甲板と船室が撤去され、交易品倉庫が増設された。
ナオはイスパニアが開発した大型の3本マスト縦帆船で、キャラベル系の船体設計を取り入れて発展・巨大化、搭載量の飛躍的増大を図るべく設計されたのだが、当初計画していたほどの積載量の増加は達成できなかった。
逆に、船体強度を無視した無理な巨大化がキャラベル系の長所であった最高速度や旋回速度を犠牲にし、一方でキャラベルの短所でもあった耐波性の悪さや装甲の薄さなど深刻な欠陥が次々と露呈することになる。

本船「モラ・モラ」はインド~リスボンを結ぶ長距離交易船として就役し、ディヴから欧州へ大量の生糸輸入に成功している。
ただ、その足の遅さから幾度となく海賊の標的となり、その度に甚大な損害を被った。
根本的な解決策が見つからないなか、カリカットにおいて帆と船体が黒一色に塗りつぶされる。これは「軍艦色」に変更する事で少しでも威圧感を与え、攻撃を回避しようという苦肉の策だった。


船名「モラ・モラ」はマンボウの学名で、その語源はギリシア語で「石臼」。のんびりとインド洋を回遊する間の抜けた大船は実際のマンボウさながらだった。
     
プロフィール

ソーコ=シャリマール

  • Author:ソーコ=シャリマール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。