スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帆船 偽装と歴史編

帆船 偽装と歴史編
杉浦昭典 著
帆船 (艤装と歴史編) 帆船 (艤装と歴史編)
杉浦 昭典 (1985/09)
舵社

この商品の詳細を見る


1985年に舵社の海洋文庫から出版された杉浦氏による帆船本のうちのひとつです。
キャラベル船って何だ? とかバウスプリットって何じゃ? というような疑問にほとんど完璧に回答を出してくれる本で、当時の航海技術や時代ごとの帆の形状の変遷まで情報量は膨大です。

文庫本なので価格もたったの860円…でした。
新書であつかってる本屋さんが全然ないところをみると、やっぱりこれも絶版なんでしょうか? DOLファン必携の1冊に推したい本なんだけど惜しいですね。

Amazonで1冊出てるじゃないですか!! 欲しい人即買いです
スポンサーサイト

帆船 航海と冒険編

帆船 航海と冒険編
杉浦昭典 著
帆船 (航海と冒険編) 帆船 (航海と冒険編)
杉浦 昭典 (2000)
舵社

この商品の詳細を見る

「偽装と歴史編」と同じく杉浦さんの本です。こちらは主に帆船絡みの歴史の解説になるので、取り立てて目新しい内容はないかも。ただ、1章まるごとわりあててる、帆船による捕鯨の話は面白かったですよ。
これも新書で入手できますねー♪

アメリカAmazonに注文していた本がとどきました。

何週間か前にアメリカAmazonに注文していた本がとどきました。
これです。
sailingships01.jpg

Sailing ships (Rand McNally color illustrated guides) by Attilio Cucari
内容は以前紹介した『帆船 精密な復原図で帆船141隻を網羅、詳説』と全く同じ…といいますか本書を原書とした和訳版だったんですね。

ちなみに、ニーニャ号のページはこんな感じ。
sailingships02.jpg
一般の海洋文学、特にスペインの海洋文学においても、コロンブスの船についての詳細な説明は載せていない。われわれが知りうる全てのものは、コロンブスの航海日誌からきたもので、概略の情報しか得られない。ニーニャ号はラティーンセイルを張っていた。そしてこれはいろいろの記述と復元を生んだ。このニーニャという名は「小さなもの」というよりは「若い女性」という意味である……

コグ船からクリッパーまでジャンルごとに章分けしながら、左ページが解説文、右ページにイラストで、合計150隻近い帆船のカラーイラストによる帆船図鑑。

英文読むの苦痛じゃない方には素晴らしい資料です。米Amazonでもせいぜい10ドルくらいが相場(元値は7ドル)みたいで、日本語版に比べたら入手は格段に容易です。

※7月4日現在、ヤフオクに1冊、和訳本の出物がありますよー
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m33438461?
     
プロフィール

ソーコ=シャリマール

  • Author:ソーコ=シャリマール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。